眉毛を抜くとたるむって本当?

眉毛を抜くとたるむって本当?

『眉毛を抜くとたるみ』って噂を聞いたことありませんか?眉毛を抜くと果たして本当にたるんできてしまうのでしょうか?

眉毛を抜くとたるむって本当?

たるんでしまうとまぶたが下がってきてしまい、目元の印象がだいぶ変わりますので出来ればあまりたるませたくはないですよね。
今回はそんな「眉毛を抜くとたるむ」という噂についての真相を調べてみました。

 

眉毛を抜く=皮膚を引っ張る行為

 

何気なく毛抜きで抜いてしまっている眉毛ですが、眉毛を抜くというのは皮膚を引っ張ることにもなるので、無理やり強く引っ張ったりすると皮膚が徐々にたるんでいくことが考えられます。
1回や2回抜いたくらいでは皮膚がたるむことはないかと思いますが、定期的に眉毛を抜いている人は将来的にたるんでしまう可能性は高いでしょう。
長年眉毛の処理は毛抜き1本で!という人はかなり要注意です。

眉毛を抜くとたるむって本当?

 

また眉毛だけでなく、腕や足、ワキなどもそうですが毛を抜くのは基本的にあまり良くない行為です。
抜くことで毛根や皮膚にダメージを与えますし、眉毛の場合は必要な部分まで生えてこなくなる可能性もあります。
眉毛には流行のデザインがありますから、あまり抜きすぎてしまうと後々デザインを変えたくなった時に後悔してしまうことも。

 

また話はそれますがつけまつげやアイプチも、剥がすときにまぶたの皮膚を引っ張ることになりますから、将来的にたるみが生じてしまう可能性があります。
つけまつげやアイプチなど、まぶたに刺激を与えるものについては優しく皮膚に負担にならないように剥がすように心がけたいですね。

 

眉毛を抜く以外のオススメの処理方法は?

 

眉毛を抜いてたるむのを防止したい人は、抜く行為は最小限にして基本的にはカミソリなどで剃るようにして処理を行うようにしましょう。
剃るのも皮膚に多少の負担はかかりますが、抜くよりも負担は少なく、毛根にはそこまで大きなダメージを与えません。

眉毛を抜くとたるむって本当?

カミソリで剃って、眉毛の際の部分は眉毛専用のハサミでカットする。それでも残ってしまった細かい毛は最終的に毛抜きで抜くという感じで、毛抜きを使う範囲を最小限にとどめておくようにしましょう。
なるべく毛抜きを使わないようにするだけでまぶたがたるむのを防ぐことが可能です!

 

まとめ

 

眉毛を抜くとたるむというのは都市伝説ではなく、やはり本当のようです。
今まで毛抜きを使って眉毛を抜いていた人はなるべく控えるようにしてカミソリやハサミで処理を行う方法に切り替えたほうが良さそうですね。
将来後悔することがないように、皮膚に負担にならない正しい眉毛の処理方法を今のうちから身につけておくようにしましょう。